医師紹介


理事長・院長 瀬川雅史(せがわまさし)

略歴】

1957年:札幌生まれ

1975年:札幌西高卒業

1981年:旭川医科大学卒業

       北海道勤医協にて初期研修

1987年:東京都立築地産院小児科で

               研修

1988年:勤医協札幌病院小児科

1997年:日本人医師として初の国際

     認定ラクテーション・コン

     サルタント(IBCLC)に認定

1999年:日本ラクテーション・コン

     サルタント協会 (JALC)

     設立に参加

2007年:天使大学大学院助産研究科

     非常勤講師

2009年:のえる小児科・母乳育児支

     援センター開院

2010年:Fellow of Academy of

              Breastfeeding Medicine

      に認定

2017年:IBCLC(20年目)に再認定



【所属学会・組織】

・日本小児科学会

・日本外来小児科学会

・日本母乳哺育学会・日本小児科医会

・Academy of Breastfeeding

 Medicine

・日本ラクテーション・コンサルタン

 ト協会(JALC)

【資格等】

・日本小児科学会専門医

・Fellow of Academy of

 Breastfeeding Medicine

 (FABM)*

・International Board Certified

 Lactation Consultant(IBCLC)**

・天使大学大学院助産研究科非常勤講

 師(2007〜)

【主な著書】

・母乳育児支援スタンダード 第2版

(医学書院)共著

・母乳栄養のエビデンス(EBM 小児

 疾患の治療(2007-08 中外医学

 社)共著

【主な翻訳書】

・母乳育児の文化と真実:N.バウムス

 ラグ著(メディカ出版)

・UNICEF/WHO 母乳育児支援ガイ

 ド(医学書院)

・薬剤と母乳

(Hale TW,Medications and 

 Mothers'Milk,13th edition,

 2008  Hale Publishing)

【趣味】 

  音楽鑑賞,楽器演奏

【心に響いた言葉】

『與ふるは受くるよりも幸福(さいわ

 い)なり』(使徒行伝 20章35節)

 

*Academy of Breastfeeding Medicine

 米国にある母乳育児に関する研究を行う医師の国際学会。Fellowとは有資格者のみが認定される特別会員。FABMは現在日本では4人のみ。

**International Board Certified Lactation Consultant(IBCLC):国際認定ラクテーション・コンサルタント



副院長 辰巳研一(たつみけんいち)

【略歴】

1955年:江別市生まれ
1974年:札幌東高卒業
1982年:信州大学医学部卒業。

      北海道勤医協で初期研修。
1988年:国立仙台病院ウイルスセン

              ターで研修。
1989年:勤医協札幌北区病院、勤医

              協札幌病院の小児科で勤務。
2013年:のえる小児科に勤務。
【所属学会】
・  日本小児科学会
・  日本感染症学会
・  日本小児感染症学会
・  臨床ウイルス学会
【資格など】
・  日本小児科学会専門医
・  日本感染症学会指導医
・  ICD(インフェクション

     コントロールドクター)
【趣味】
山歩き、高山植物の写真撮影


非常勤医師

*櫻井のどか

日本小児科学会専門医・指導医

日本リウマチ学会専門医      

2001年:旭川医科大学卒業

札幌医大小児科・関連病院で研修

2013〜15年:横浜市立大学小児科

で小児リウマチについて研修

 

*岩田正道

日本小児科学会専門医 

1987年:北海道大学医学部卒業

小児科学一般・新生児学が専門

前手稲渓仁会病院母子はぐくみセンターセンター長